堀川御池ギャラリー

ギャラリー写真
美術鑑賞に最適な,広々とした展示スペースをもつ市民開放型ギャラリーです。

  • 堀川御池ギャラリーは,京都市立芸術大学ギャラリーと,京都市立銅駝美術工芸高等学校も使用する市民開放型ギャラリーの総称で,約100~240m²の広さをもつ5つの展示室からなります。
  • どのギャラリーも展示空間としての静けさを保ち,展示機能を確保,温度・湿度管理ができる保管庫を完備しています。また,御池通に面し,建物に入りやすく,気軽に芸術に触れることができます。
  • ギャラリーA,ギャラリーB,ギャラリーCからなる市民開放型ギャラリーは,京都市立銅駝美術工芸高等学校の美術展示を中心に使用しますが,展示のない期間は市民の皆様にもご利用いただけます。

ギャラリー 紹介

ギャラリー A

ギャラリーA 内観全景

ギャラリーA 内観1ギャラリーA 内観2ギャラリーA 内観3

1階の約93m²のギャラリーです。天井が高く,御池通に面し,通りを歩く人の目にも入るギャラリーです。
御池通側窓面,西側壁面には,直接作品をピクチャーレールからワイヤー吊り下げて展示することはできません。展示パネル使用での展示は可能です。
ギャラリーA 実測図

ギャラリー B

ギャラリーB 内観全景2階の奥まった位置にある約84m²のギャラリー。南側と、北側に扉があります。
ギャラリーB 実測図

ギャラリー C

ギャラリーC 内観全景ギャラリーAの2階に位置する約86m²ギャラリー。西側に扉があり、壁面すべてを展示にお使いいただけます。
実測図(cm)

京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA

堀川御池ギャラリー内には、京都市立芸術大学のサテライトギャラリー @KCUA1,@KCUA2 があり、京都市立芸術大学の企画された様々な展示イベントが催されています。


ギャラリー仕様

京都市立芸術大学の展示ノウハウを活かした仕様になっております。

ギャラリー仕様天井の隅に作品吊り下げ用レール,照明ライト用レールを配置しております。
(※ギャラリーAは,作品吊り下げ用レールが限られた部分のみになります)


ギャラリー イベント情報


ギャラリー 施設利用検討の方へ

↑ ページ先頭へ